MENU

債務整理にも少なからずデメリットが存在している

自己破産や任意整理などの債務整理は、経済的に追い込まれた人を救済する手段として重要なものです。一方で安易に債務整理を利用することで、思わぬデメリットに直面してしまったというケースも少なくありません。

 

そこで、以下では債務整理を利用することのデメリットについてご紹介していきますので、しっかりとチェックしておき、いざという時に困ってしまわないようにしましょう。

 

まず全ての債務整理を利用した場合のデメリットとして挙げられるのが、信用情報機関への登録です。債務整理を行ったことが信用情報機関へ登録されてしまうと、原則として消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借り入れることが出来なくなります。

 

ただし、一定期間が過ぎた後に登録は消去されるため、その後は従来通り融資を受けることが出来るようになります。

 

保証人が付いている債務を整理する場合にも大きなデメリットがあります。特に自己破産をした場合には、申立人の債務は帳消しとなりますが、保証人が負っている債務はそのまま残ってしまうため、保証人に対して多大な負担を掛けることになります。

 

そのため、保証人が付いている場合には、勝手に債務整理を行うことは避け、必ず事前に相談をしておきましょう。

 

その他、自己破産・個人再生を利用した場合のデメリットとしては、官報への掲載が挙げられます。官報へ掲載されると、誰でも債務整理を当人が利用したということを知れるようになってしまうため、そのことを隠すことは出来なくなってしまいます。

 

とは言っても、いちいち官報を見ているような人は決して多くはありませんので、官報によって知人に自己破産がばれてしまうケースは稀です。

 

違法業者の場合には官報から情報を見て、貸し付けの案内とするダイレクトメールを送ってくる場合もありますので、安易な考えで自己破産はしないようにしたいものです。

 

補足として、信用情報機関に登録される債務整理をするとブラックになるデメリットについては、返済が出来なくなって長期間の滞納となってしまっても同じくブラックになりますので、既に返済が出来ていない、今後も出来そうに無いのであれば、デメリットとしては小さなものと言えるでしょう。

 

債務整理の相談をするならこちら

借り入れ件数2件以上、債務総額が100万円以上の方は、まずは匿名で借金減額が出来るシミュレーターを使ってみましょう。
匿名で借金相談が可能な「街角法律相談所」


法律事務所への相談はこちら

岡田法律事務所
無料の電話相談も24時間受け付けています。
0120-185-019
(秘密厳守・全国対応)


弁護士法人天音法律事務所
無料の電話相談も24時間受け付けています。
0120-868-013
(秘密厳守・全国対応)


樋口総合法律事務所
無料の電話相談も24時間受け付けています。
0120-215-993
(秘密厳守・全国対応)